大人向けプログラミングスクールのおすすめは?初心者OK!30代社会人必見!

好景気の頃は、年齢に関係なく未経験でも転職や就職が可能でしたが、現在では経験がないと就職や転職ができないケースが激増しています。しかも年齢制限を設けていることも多く、20代でも正社員になれないケースがあるのです。これが30代になると、もっと転職や就職が難しくなるでしょう。そこで現在人材不足と言われているプログラミングをしっかりと学習することで、30代でも転職や就職がしやすくなるのです。30代でも勉強できるプログラミングスクールはたくさん存在しています。

 

プログラミングスクールの選び方

 

指導方法、メンターの存在

 

たくさん存在しているプログラミングスクールですが、中には高いお金だけ支払わされて、内容があまり濃くない場合や、転職に役立つスキルがあまり身につかないところも存在しているのです。そこでプログラミングスクールを選ぶときのポイントをいくつか抑えておく必要があります。その1つはどのような指導方法をしているのか、メンターは存在しているのか、質問のしやすさや回答の方法などを重要視して選ぶ方法があります。

 

指導方法は、学校や一般的な塾のように大人数で行う方法、少人数制で行う方法、マンツーマンで行う方法がありますが、やはりマンツーマン指導が最も推奨できるでしょう。なぜなら自分に合わせて指導をしてくれるからです。次にメンターの存在ですが、メンターというのは指導者のことで、自分にわかりやすく教えてくれるメンターの存在は必要不可欠でしょう。質問方法はインターネットを使う場合、チャットなどリアルタイムでできることが望ましいです。

 

通学不要のオンライン型か

 

近年はインターネットが簡単に利用できる時代なので、プログラミングスクールでも、オンラインで学習できるところが多くなっています。オンラインのメリットは、通学が不要なことと、自分の好きな時間に学習できることです。特に毎日夜遅くまで仕事をしていて、プログラミングスクールに行く日に休みが取れないという人には最適でしょう。時間や勉強の進め方も融通が利くので、オンライン型を受講するのをおすすめします。

 

転職サポートがあるか

 

プログラミングスクールの中には、転職サポートをしてくれるところもあります。どのようなサポートをしてくれるのかは、どこのプログラミングスクールを選ぶかによって変わってきますが、基本的には就職先の紹介や面接対策が多いでしょう。中には就職や転職に成功して一定の期間が経過すると、奨学金としていくらか返済されることもあるのです。独立開業を希望する人には、起業支援を行ってくれる場合もあるので、よく調べておきましょう。

 

プログラミングスクールおすすめランキング

 

1位:侍エンジニア塾

 

特徴:
侍エンジニア塾では、マンツーマンの指導を行っています。マンツーマン指導のメリットは、自分に合わせた方法で、自分のペースで指導を受けられることでしょう。これによって苦手な部分を重点的に行うと同時に、得意な点もしっかりと伸ばすことができます。わからない点は周りに配慮することなく、いつでも質問できるという点もメリットだと言えるでしょう。

 

口コミ@:
侍エンジニア塾で指導をしてもらい、転職に成功しました。実戦でも通用するだけのスキルを身につけられるので、受講してよかったと思います。マンツーマンの指導なので、自分のペースで家庭教師のような感じで勉強ができました。

 

口コミA:
プログラムの作成経験がなかったのですが、初心者から始めて、現在ではプログラマーとして働いています。これも侍エンジニア塾でしっかりと指導してもらったおかげです。資格の取得にも成功しました。

 

侍エンジニア塾の詳細・口コミはこちら

 

2位:テックキャンプ

 

特徴:
他のプログラミング関連のスクールは、料金がとても高くなっていることが多いのに対して、テックキャンプは安い料金でしっかりと勉強ができます。学習できるコンテンツも豊富なので、細かく絞って学習できるのです。ある程度絞って勉強することで、短い時間でもしっかりとスキルが身につきます。1度入会することで、いろいろな特典を受けられるのもうれしいでしょう。

 

口コミ@:
以前テックキャンプを受講したのですが、父が入院したことで途中退会するしかありませんでした。現在では父も元気になったのですが、テックキャンプでは1度入会したことがあれば、入会金が無料で再び受講できるというので、受講を行いました。プログラミングの技術もしっかりと身についたので、満足しています。

 

口コミA:
友達と一緒にテックキャンプを受講したので、料金が少し安くなりました。講義もわかりやすくてすぐに身についたのです。転職にも成功したので、テックキャンプを受講してよかったと思います。

 

テックキャンプの詳細・口コミはこちら

 

3位:コードキャンプ

 

特徴:
コードキャンプはオンライン完結型になっているので、一切通学する必要はありません。質問から講義までオンラインでしっかりとできますし、ただ与えられたテキストを解いていくというだけのスクールでもないので、しっかりとした技術が身につきます。ビデオ通話によって学習できるのも特徴ですし、オンラインでもマンツーマンで学習を行っていきます。

 

口コミ@:
自分の家の近くには一切プログラミングスクールはありません。通う場合には何時間も電車で移動しなければいけないので、オンラインで全て完結できるコードキャンプに助けられました。ビデオ通話なので、ただテキストを進めていくだけのスクールよりもしっかりとした技術が得られたのでよかったです。

 

口コミA:
アルバイトを複数掛け持ちしているので、時間が自由になりません。そのため、オンラインでの学習はとても助かりました。受講後は正社員としてエンジニアの仕事をしています。コードキャンプを受講していなかったら、正社員として就職できませんでした。

 

コードキャンプの詳細・口コミはこちら

 

月額費用はどこが安い?3社を比較!

 

近年は物価高や増税の影響で、生活苦になる人が激増しています。そのため、できるだけ安い料金でプログラミングスクールを受講したいと考える人も多いでしょう。そこで人気のあるプログラミングスクール3社の料金を比較してみたいと思います。まずは侍エンジニア塾ですが、1番安いデビューコースで1ヵ月受講すると、13万8000円プラス、入会金が10万円です。

 

次にコードキャンプですが、やはり1番安いアプリマスターコースを受講すると、2ヵ月の受講で14万8000円プラス、入学金が1万円です。受講できる期間に違いはありますが、コードキャンプの方がお得です。ではテックキャンプはどうなのかというと、入会金が12万8000円かかりますが、毎月1万2800円、しかも初月は無料なので、総合的に見れば、テックキャンプが最も安いことにあります。値段で選ぶのであれば、テックキャンプがよいでしょう。

 

選べる言語の豊富さは?3社を比較!

 

プログラミングスクールによって、学習できる言語や選べる言語の数も異なります。テックキャンプではHTMLやCSS、Javascriptなど基本的な言語から、Ruby on RailsやSQLなどがあります。コードキャンプはテックキャンプよりも多数の言語を学べます。PHPなどもあり、テックキャンプで学習できる言語は一通り学習が可能です。では、侍エンジニア塾ではどうなのでしょうか。

 

侍エンジニア塾の場合には、C++やC#、XcodeやMonacaなども学べるので、言語の豊富さでは3つのうちで最も多いと言えるでしょう。コードキャンプもかなり多くなっているものの、侍エンジニア塾の方が多くの言語を学べます。言語の多さや勉強できる言語の数で選ぶのなら、侍エンジニア塾がおすすめです。

 

就職・転職サポートがアツいのは?3社を比較!

 

料金や学習方法、勉強できるプログラムの数なども重要ですが、受講終了後のサポートも大切です。就職や転職のサポートをしてくれるプログラミングスクールも多いのですが、重要なのは内容です。テックキャンプは専属のトレーナーがついており、転職したい職場の紹介から面接対策、転職終了後の無料受講などもあるので、かなり手厚いと言えるでしょう。コードキャンプはどのようになっているのかも確認しておきましょう。

 

コードキャンプもテックキャンプと同じような内容ですが、無料相談を何度でも受けることが可能です。侍エンジニア塾の場合には、就職や転職だけではなく、起業のサポートも行われています。ただ支援するだけではなく、どのようにすれば成功できるのか、まずは何をすればよいのかという点から支援してくれるので、支援の充実度を見ると、侍エンジニア塾が最もよいと言えるでしょう。