コードキャンプとは?

プログラミングを勉強できるスクールはたくさんあるのですが、コードキャンプはオンラインで完結することをモットーとしているオンライン学習を中心としたスクールになっています。学校に行きながらでも勉強ができる、仕事をしながらでも勉強ができるように工夫されているのが特徴です。365日いつでも年中無休でプログラムの勉強ができるので、忙しい人や休みが取れる曜日が決まっていない人向けのスクールだと言えるでしょう。時間帯は決められているので、その時間内に勉強しないといけません。

 

コードキャンプを受講した人の評判・口コミは?

 

・イマイチな口コミ

 

・10代女性 大学生の口コミ
情報処理関連の大学に入学したのですが、もっと念入りに勉強がしないと考え、コードキャンプを受講してみることにしました。最初はよかったのですが、ある程度進んでも勉強内容が基本的なことばかりで、応用をもっと勉強したいと考えていた私には役不足でした。簡単な点の勉強も大切ですが、難しいところもきちんと教えてほしかったです。

 

・良かった口コミ

 

・10代男性 フリーターの口コミ
高校を卒業して就職が決まったのですが、研修がうまくいかずにすぐ退職しました。これからはプログラムの時代だと考え、コードキャンプを受講してみたのです。初心者でもわかりやすい内容でしたし、家でも気軽に勉強できるので助かりました。

 

・20代女性 大学院生の口コミ
大学院での勉強が終わった後に、コードキャンプでプログラムの勉強を始めたのですが、基礎から応用までしっかりと教えてくれるので、どんどん技術を身につけることができます。就職にも活かせる内容だというので、卒業後はプログラミング関連の仕事に就こうと考えています。

 

・30代男性 派遣社員の口コミ
派遣社員の仕事は正社員と同じ内容なのですが、待遇が悪いのでこのままでは不安です。そんなときにコードキャンプを発見し、これからでも遅くはないと思って勉強を始めたのです。30代になってからでも覚えやすいですし、気軽に質問もできるようなシステムなので、勉強しやすいスクールだと感じました。

 

・まとめると
早く技術を身につけたい、早く技術を生かしたいなどと焦っている人は、あまり向いていないスクールですし、おすすめもできません。逆に基本からしっかりと技術や知識を身につけたいと考えている人にはおすすめできるスクールです。対応時間も長く、休日もないので働いている人におすすめしたいです。

 

コードキャンプで学べるプログラミングは?

 

・プレミアムプラス

 

コードキャンプではいろいろな言語を学ぶことができますが、通常はコースごとに学べるプログラムの数は決まっています。しかし、プレミアムコースを選択することによって、好きなプログラミング言語を好きなだけ学習することができるのです。このコースはプログラムの基礎がしっかりと身についていて、幅広い技術と知識を身につけたい人向けになっています。

 

・WEBマスターコース

 

WEBの基礎から応用までしっかりと学ぶことができるコースです。基礎でもあるHTMLやCSSはもちろんのこと、JavaScriptやPHPといった少々難易度の高いプログラミングの学習もできます。ある程度プログラミングの基礎が身についている人向けのコースだと言えるでしょう。エンジニアを目指す人にも最適のコースです。

 

・デザインマスターコース

 

WEBデザイナーを目指したい人向けのコースで、プログラミングが未経験の人でも学びやすくなっています。HTMLやCSSといった比較的覚えやすいプログラムだけではなく、フォトショップやイラストレーターなどのソフトの使い方も学習できます。まずはソフトの使い方を身につけてから、プログラミングの勉強を行います。

 

コードキャンプの料金は?

 

コードキャンプはコースと学習する期間によって料金が変わってきます。デザインマスターコースを見ると、2ヵ月で14万8000円、4ヵ月で24万8000円、6ヵ月で29万8000円となっています。どこコースでも長い期間申し込むと、別々に申し込むよりもお得になるのです。お試し無料レッスンも設けられているので、申し込んでみるとよいでしょう。

 

コードキャンプは就職や転職の支援がある?

 

まずどのような会社に就職したいのかなどの相談を受け、それから企業を探すのですが、企業探しもしっかりとサポートが行われています。就職が成功して会社に入社し、3ヵ月以上経過した時点でお祝い金10万円が支給されるのです。このようなサポートを行っているスクールは滅多にありません。

 

コードキャンプはどこで学べる?

 

コードキャンプはオンライン学習が前提となっているので、オンラインで勉強を行うようになります。よって教室まで足を運ぶ必要はありませんし、教室を設けてはいません。